人気神社の和婚・神前式なび » 東京・神奈川で和婚・神前式ができる人気神社♡ » 江島神社

江島神社

神奈川・江島神社の来歴をはじめ、結婚式の特徴やおすすめポイント、挙式プランの費用や概要などをまとめました。

江島神社の来歴と特徴

日本三大弁財天とされる江島神社は、田寸津比賣命を祀る「辺津宮」、 市寸島比賣命を祀る「中津宮」、多紀理比賣命を祀る「奥津宮」の 三社からなる神社です。『江島縁起』によると、欽明天皇十三年(552年)、天女が十五童子を従えて現れ、江の島を造ったとされています。その後、欽明天皇の勅命で、島の洞窟(御窟おんいわや・現在の岩屋)に神様を祀ったのが、同社の始まりだそうです。

文武天皇四年(700年)、修験者・役小角が、この地に修験の霊場を開きました。これに続き、泰澄、日蓮などの名僧が、御窟で次々に行を練り、高いご神徳を仰いだと伝えられています。弘仁五年(814年)には空海が、仁寿三年(853年)に慈覚大師が上之宮(中津宮)を創建。時代は下り、建永元年(1206年)に慈覚上人良真が源實朝に願って下之宮(辺津宮)を創建しています。

鎌倉時代には、岩屋に参籠して戦勝祈願を行った源頼朝が八臂弁財天と鳥居を奉納。また、後宇多天皇は、蒙古軍を撃ち退けた御礼として、江島大明神の勅額を奉納しており、このことから「戦いの神」としての弁財天信仰が広がり、東国武士たちの信仰を集めるようになったそうです。平和な江戸時代になると、江島神社は「芸能・音楽・知恵の神」「福徳財宝の神」として信仰されるようになります。なお慶長五年(1600年)には徳川家康も参詣。歴代の徳川将軍たちも、病気の治癒、安産、旅行の安全などを祈願したと伝えられています。

御鎮座1450年を数える由緒ある神社では、厳かな神前結婚式が挙げられます。海が近く、通常の神社とは趣きの違う雰囲気も人気があります。

江島神社で挙げる結婚式のポイント

江島神社の挙式プラン

和婚スタイル

和婚プラン
■費用:49,800円/2人、土日祝20,000円UP
■内容:新郎新婦衣装*/ヘアメイク/着付け、介添え/ヘアアクセサリー/小物一式
*新郎衣装は紋付袴、新婦衣装は白無垢、色打掛、引き振袖から選択
■備考:お食事会プラン100,000円/6名~、披露宴プラン400,000円/20名~との組み合わせもおすすめ
お色直し付き和婚プラン
■費用:79,800円/2人、土日祝20,000円UP
■内容:新郎新婦衣装/お色直し衣装(洋装or和装)/ヘアメイク/御着付け/介添え/ヘアアクセサリー/小物一式
*新郎衣装は紋付袴、新婦衣装は白無垢、色打掛、引き振袖から選択
■備考:お食事会プラン100,000円/6名~との組み合わせもおすすめ
アルバム付き和婚プラン
■費用:128,000円/2人、土日祝20,000円UP
■内容:新郎新婦衣装/ヘアメイク/御着付け/介添え/ヘアアクセサリー/小物一式/写真撮影/フォトアルバム(10P20カット)
*新郎衣装は紋付袴、新婦衣装は白無垢、色打掛、引き振袖から選択
■備考:お食事会プラン100,000円/6名~、披露宴プラン400,000円/20名~との組み合わせもおすすめ

晴レの日

挙式プラン
■費用:88,000円、土日祝30,000円UP
■内容:新郎新婦衣装、着付け、美容・ヘアメイク、和装小物、介添え
撮影式挙式プラン
■費用:178,000円、土日祝30,000円UP
■内容:新郎新婦衣装、着付け、美容・ヘアメイク、和装小物、介添え、デジタルアルバム、集合写真一冊

会食付、披露宴付の挙式プランもあります。

チアーズブライダル

神前結婚式プラン
■費用:450,000円/2名
■内容:挙式/新郎新婦衣装/ヘアメイク・着付/挙式写真・集合写真・記念写真/介添え/挙式誘導/親族紹介セレモニー

>>【東京・神奈川】江島神社など人気神社のお得な和婚プランを調査しました<<

江島神社の概要

所在地 神奈川県藤沢市江の島2-3-8
アクセス 小田急線「片瀬江の島駅」徒歩3分
江ノ島電鉄「江ノ島駅」徒歩10分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」徒歩10分
初穂料 50,000円
このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ