人気神社の和婚・神前式なび » 東京・神奈川で和婚・神前式ができる人気神社♡ » 東京大神宮

東京大神宮

東京・東京大神宮の来歴をはじめ、結婚式の特徴やおすすめポイント、挙式プランの費用や概要などをまとめました。

東京大神宮の来歴と特徴

昭和3年、現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め、今も多くの信仰を集めています。

明治33年、当時の皇太子殿下(後の大正天皇)と九条節子姫(後の貞明皇后)が、おいて初めて皇居内の賢所(神前)で婚儀を行ったことを記念して、同社では一般人に向けた神前結婚式を創始。現在も行われている「神前結婚式」のルーツは、東京大神宮から始まっているのです。

神職、巫女、楽人、総勢13人による神前結婚式は、雅楽の調べ、巫女による「豊栄舞」「豊寿舞」の中で行われる厳粛なもの。「豊寿舞」は、元伊勢神宮祭主・北白川房子さまから賜った祝婚歌の調べで舞う、同社ならでは舞だそうです。

東京大神宮で挙げる結婚式のポイント

東京大神宮の挙式プラン

東京大神宮マツヤサロン

少人数プラン「ほのか」
■費用:595,000円/10名~
■内容:挙式/新郎新婦衣装/和装小物/美容着付/介添え/オリジナルコースの婚礼料理/飲物/テーブル装花/スタジオ写真(2ポーズ)

その他、季節に応じた期間限定プランもあり

>>【東京・神奈川】東京大神宮など人気神社のお得な和婚プランを調査しました<<

東京大神宮の概要

所在地 東京都千代田区富士見2-4-1
アクセス JR中央・総武線「飯田橋駅」より徒歩5分
東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋駅」より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」より徒歩5分
初穂料 150,000円
このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ