人気神社の和婚・神前式なび » 愛知(名古屋)で和婚・神前式ができる人気神社♡ » 愛知縣護國神社

愛知縣護國神社

名古屋・愛知縣護國神社の来歴をはじめ、結婚式の特徴やおすすめポイント、挙式プランの費用や概要などをまとめました。

愛知縣護國神社の来歴と特徴

明治2年、尾張藩主・徳川慶勝が、戊辰戦争で命を落とした藩士など二十五柱の神霊を、現在の名古屋市昭和区川名山にお祀りし、「旌忠社」と号したのが始まり。嘉永6年以降、大東亜戦争に至るまで、愛知県ゆかりの英霊九万三千余柱を、護國の大神としてお祀りしている神社です。明治8年に「招魂社」、同34年「官祭招魂社」と名称が変わり、昭和14年「愛知縣護國神社」と改称。戦後は一時「愛知神社」となりましたが、同30年、今の神社名に戻っています。

同社では「神前結婚式」を斎行していますが、予約は来社のみ。1日数組が限度なので、挙式の申し込みは早めに行うのがおすすめです。

愛知縣護國神社で挙げる結婚式のポイント

愛知縣護國神社の挙式プラン

晴レの日

挙式プラン
■費用:88,000円、土日祝30,000円UP
■内容:新郎新婦衣装、着付け、美容・ヘアメイク、和装小物、介添え
撮影式挙式プラン
■費用:178,000円、土日祝30,000円UP
■内容:新郎新婦衣装、着付け、美容・ヘアメイク、和装小物、介添え、デジタルアルバム、集合写真一冊

会食付、披露宴付の挙式プランもあります。

KKRホテル名古屋

本殿挙式プラン
■費用:598,000円/20名
■内容:新郎新婦衣装/美容着付/介添え/写真/料理/飲物/ウエディングケーキ/音響/装花
■備考:1名追加毎に15,250円

東京第一ホテル錦

本殿挙式プラン
■費用:1,000,000円/30名
■内容:挙式料/新郎新婦着付(各和装一点)/料理/飲物/ウェディングケーキ/装花/介添え/音響・照明/写真/受付

>>【愛知・名古屋】愛知懸護國神社など人気神社のお得な和婚プランを調査!<<

愛知縣護國神社の概要

所在地 愛知県名古屋市中区三の丸1-7-3
アクセス 名城線「市役所」5番出口より徒歩7分
鶴舞線「丸の内」1番出口より徒歩10分
初穂料 200,000円
このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ