人気神社の和婚・神前式なび » 愛知(名古屋)で和婚・神前式ができる人気神社♡ » 熱田神宮

熱田神宮

愛知・熱田神宮の来歴をはじめ、結婚式の特徴やおすすめポイント、挙式プランの費用や概要などをまとめました。

由緒正しい神前式を挙げられる熱田神宮

熱田神社の創建は、第12代景行天皇の時代にさかのぼります。景行天皇の皇子、日本武尊は東国平定の途中で尾張へ滞在。その時、尾張国造乎止与命の娘・宮簀媛命と結婚し、「草薙剣」を妃の手元へ預けます。そのまま素手で伊吹山の神を討ちに行った日本武尊でしたが、神の怒りにふれ病気になり、伊勢国能褒野で命を落としてしまったのです。

武尊の死後、宮簀媛命が熱田に社地を定め、剣を奉斎鎮守したのが熱田神宮の始まりだといわれています。三種の神器のうち「草薙剣(「天叢雲剣」「草那芸之大刀」とも呼ばれる)」を祀っていることもあり、古来より朝廷、武将の崇敬を集め、伊勢神宮に次いで権威ある神社として栄えました。戦国時代、織田信長が「桶狭間の戦い」前に戦勝を祈願。大軍を率いる今川義元を破り、見事に勝利を収めたことでも有名です。

今や年間約650万人の参拝客でにぎわう熱田神社は、神前式の会場としても人気。熱田神宮会館という結婚式場で、挙式から披露宴までを執り行うことができます。挙式には大前挙式・儀式殿挙式・みなも神殿挙式があり、どれも本格的で、満足できる神前挙式ができるはずです。

熱田神宮で挙げる結婚式のポイント

熱田神宮の挙式プラン

熱田神宮会館

杜の恵み
■費用:1,665,630円/40名
■内容:新郎新婦衣装/美容着付/和装小物/写真/料理/飲物/装花・花束/音響・証明/受付
■備考:平日、土・日・祝祭日の仏滅・赤口及び7・8月の全日限定。大人20名以上の大前挙式・儀式殿挙式のみ

>>【愛知・名古屋】熱田神宮など人気神社のお得な和婚プランを調査しました<<

熱田神宮の概要

所在地 名古屋市熱田区神宮1-1-1
アクセス ・名鉄名古屋本線「神宮前駅」徒歩3分
・JR「熱田駅」徒歩7分
・地下鉄「伝馬町駅」徒歩8分
初穂料 120,000円~
挙式数 不明
このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ