人気神社の和婚・神前式なび » 京都で和婚・神前式ができる人気神社♡ » 下鴨神社

下鴨神社

京都・下鴨神社の来歴をはじめ、結婚式の特徴やおすすめポイント、挙式プランの費用や概要などをまとめました。

下鴨神社の来歴と特徴

2300年の歴史ある古社・下鴨神社は、正式名称を「賀茂御祖神社」といい、社殿と共に糺の森を含め、世界文化遺産に登録されています。また、「縁結びの神様」としても広く知られているため、神前結婚式を挙げるカップルも少なくありません。

社殿によると、神武天皇の御代に御蔭山に祭神が降臨。また、崇神天皇7年に神社修造の記録があるため、この頃を創建とする説、天平の頃に上賀茂神社から分置されたともいわれますが、はっきりした創祀はわかっていません。ただ、近年、糺の森周辺で縄文時代の土器や弥生時代の住居跡が発掘されたこと、また社伝や歴史書に、お祭、社殿、ご神宝等の奉納などが記載されていることから、京都の中では古い時代から信仰を集めてきた神社だということがわかります。

ここでの結婚式は、本殿前にある「葵生殿(重要文化財)」にて執り行われます(ただし、修復工事のため、平成28年5月~29年3月までは「直会殿」で結婚式場を行う)。なお、「十二単特別ご婚礼挙式(初穂料:60万円)」も用意されており、新郎が衣冠、新婦が十二単衣(垂髪と大垂髪の2種類から選択)を着用しての挙式も人気を集めています。

下鴨神社で挙げる結婚式のポイント

下鴨神社の挙式プラン

和婚スタイル

和婚プラン
■費用:49,800円/2人、土日祝20,000円UP
■内容:新郎新婦衣装*/ヘアメイク/着付け、介添え/ヘアアクセサリー/小物一式
*新郎衣装は紋付袴、新婦衣装は白無垢、色打掛、引き振袖から選択
■備考:お食事会プラン100,000円/6名~、披露宴プラン400,000円/20名~との組み合わせもおすすめ
お色直し付き和婚プラン
■費用:79,800円/2人、土日祝20,000円UP
■内容:新郎新婦衣装/お色直し衣装(洋装or和装)/ヘアメイク/御着付け/介添え/ヘアアクセサリー/小物一式
*新郎衣装は紋付袴、新婦衣装は白無垢、色打掛、引き振袖から選択
■備考:お食事会プラン100,000円/6名~との組み合わせもおすすめ
アルバム付き和婚プラン
■費用:128,000円/2人、土日祝20,000円UP
■内容:新郎新婦衣装/ヘアメイク/御着付け/介添え/ヘアアクセサリー/小物一式/写真撮影/フォトアルバム(10P20カット)
*新郎衣装は紋付袴、新婦衣装は白無垢、色打掛、引き振袖から選択
■備考:お食事会プラン100,000円/6名~、披露宴プラン400,000円/20名~との組み合わせもおすすめ

下鴨茶寮

早得プラン
■費用:980,000円~/30名、1名追加27,000円
■内容:お料理・お飲み物(フリードリンク)/高砂装花・卓上装花(8卓分)/テーブルクロス/チェアカバー/席札/献立表/司会/介添え/音響照明(参集殿ご利用時)
■備考:1日1組限定
玉響プラン
■費用:1,380,000円~/40名、1名追加27,000円
■内容:お料理・お飲み物(フリードリンク)/高砂装花・卓上装花(8卓分)/テーブルクロス/チェアカバー/席札/献立表/司会/介添え/音響照明(参集殿ご利用時)
■備考:1日1組限定

サマープラン・オータムプランなど、季節限定のプランもあります。

TAKAMI BRIDAL KYOTO

結衣プラン
■費用:283,800円/2名
■内容:新郎新婦衣装/美容気付/介添え/写真(三面台紙仕上げx2)
双葉葵プラン
■費用:379,000円/2名
■内容:新郎新婦衣装(下鴨神社神紋入りオリジナル白無垢、紋付袴)/美容気付/和装小物/介添え/写真(三面台紙仕上げx2)/下鴨神社オリジナル懐剣進呈

>>【京都】下鴨神宮など人気神社のお得な和婚プランを調査しました<<

下鴨神社の概要

所在地 京都市左京区下鴨泉川町59
アクセス 京阪本線「出町柳駅」から徒歩12分
初穂料 100,000円
このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ