人気神社の和婚・神前式なび » 和婚のきほん・神前式の流れまるわかり » 和装で素敵な和婚をしよう!

和装で素敵な和婚をしよう!

和婚の時に着る和装ってどんなもの?

和婚の時に新郎・新婦が着るのは和装です。和装にも様々な種類がありますので、用途に合わせて着用することが大切です。ここでは、和装の種類について紹介していきます。

挙式時の和装~新郎・新婦和装について~

新郎の和装

●黒五つ紋付き羽織袴(くろいつつもんつきはかま)

新郎の和婚時の和装は、黒五つ紋付き羽織袴を着用します。短縮して、紋付袴と呼ばれているようです。 色は黒となっており、身につける小物は白で統一されます。男性の格式の高い正礼装は、黒五つ紋付き羽織袴のみとなっています。新婦が白無垢・色打掛の正礼装なら、格を揃えて黒五つ紋付き羽織袴を着用しましょう。

新郎の和装

●白無垢(しろむく)

白無垢は、挙式のみに着用できる和装です。和装の婚礼衣装で、格式が高いといわれているため和婚時に着用するには最適です。神聖な色として扱われている白色の衣装で、花嫁の純真無垢な象徴を表しています。「嫁いだ家の家風に染まる」ように白の衣装を着用するといわれています。 身につける小物も白で揃えていきます。 白無垢は体型を選ばず、妊娠中の方でも体調に合わせて着用することができ、身長に合わせてサイズを調整します。白無垢にも柄があり、好みの白無垢を選ぶことができます。繊細な柄が花嫁を美しく見せてくれます。挙式の際は白無垢と同じように角隠しをつける

●色打掛(いろうちかけ)

白無垢と同じ格式の高い正礼装で、挙式の着用も可能です。一般的に和婚を行なう時は、挙式の時は白無垢、披露宴の時は色打掛を着用する方が多いようです。色打掛は白無垢と違い、様々な色の中から選ぶことができます。

お色直し時の和装

お色直し時に注意する点は、男性は女性に合わせて着用する和装に気をつけなければいけません。ここでは、お色直し時の和装についてみていきましょう。

男性

お色直し時の男性の和装は色紋付き羽織袴があります。 色紋付き羽織袴は略礼装と呼ばれます。和装の中でもカジュアルに着用でき、色を選ぶことができます。 披露宴のお色直し、結婚式の二次会で新婦が振袖時に着ることができ、白無垢や色打掛時の格式の高い和装時には、着用できません。新婦に合わせて着用する必要があります。 試着時は、袴の長さや羽織のサイズ、裄丈は適切な長さかをチェックしてください。

女性

●色打掛

一般的に挙式で白無垢を着て、色打掛という流れです。最近は、色や素材の種類が豊富になっているので、自分の好みや、肌に合った色打掛を選ぶことができます。

●本振袖/引き振袖

振袖は未婚の方しか着ることができません。成人式でも振袖を着られた方も多いのではないでしょうか。しかし、本振袖と振袖には違いがあります。本振袖は正礼装となっているので、豪華な仕立てとなっており、着物自体が重くなっています。 引き振袖は裾が引きずる程長く、お色直しで着用されることが多いようです。中でも黒地は黒引きと呼ばれ人気が高く、繊細な模様や刺繍がはえます。 黒地が人気な理由は結婚後、花嫁は振袖を着用することができなくなってしまいますが、仕立て直すことによって黒留袖として着用することができます。

柄にもこだわりましょう

和装時は、あまり自由度が高くないイメージがある方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。最近は、色も柄も色んな種類があります。また和柄には、全て意味があるのをご存知でしょうか。和柄の意味を理解し着用することで、和婚の深みや大切さを理解することができるのではないでしょうか。和柄の意味についてみていきましょう。

様々な柄

●鶴亀

日本人に古くから縁起の良いものとされている亀と鶴。「鶴は千年・亀は万年」といわれているように、長寿繁栄の象徴です。

●おしどり

おしどり夫婦という言葉があるように、おしどりは夫婦仲睦まじい姿の象徴とされています。

●貝桶

家庭円満の意味を持ち、貝合わせから運命の人に出会えたということを連想しています。

●橘

女性を守る木とされており、ひな祭りの時のひな壇にも飾られています。子孫繁栄の象徴とされており、元気な子に恵まれるといわれています。

●松竹梅

松竹梅は日本人には馴染みのある単語ではないでしょうか。松や竹は、心や行ないの清さ・梅は上品さといわれており祝い事の象徴とされています。この3つの柄が組み合わせは、おめでたいものとして嫁入り道具の模様にもよく使用されます。

このように、選ぶ柄によって意味合いが変わってくるため季節に合わせて色・柄を選んでみるといいでしょう。

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ