人気神社の和婚・神前式なび » 和婚のきほん・神前式の流れまるわかり » 神前式にかかる費用って?

神前式にかかる費用って?

神前式にかかる費用は、大きく挙式費用(初穂料)と、その他の費用に分けられます。以下、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

神前結婚式に必要不可欠な「初穂料」とは

基本的に神社においては「神前結婚式」を挙げることができます。式場は神社によって異なりますが、多くは「本殿」や「儀式殿」、披露宴も可能な施設がある神社では、披露宴会場内にある挙式場で行うこともあります。

神社で結婚式を挙げるには「初穂料(挙式料)」が必要です。これも神社によって金額が変わり、数万円から10万円前後、さらに20万円前後と幅があります。おおよそ料金は一律ですが、中には式場や内容が異なると金額も変わる神社もあるようです。

和装するなら別途費用が必要

注意したいのは、「初穂料」に含まれているのは挙式の費用だけだということ。逆にいえば、純粋に式だけ挙げるのなら平服でもかまわないのです。

しかし、「新婦は白無垢、新郎は紋付き袴で」とか「黒引き振り袖にしたい」といった希望があれば、それらの衣装はかんざしや草履、扇子、懐剣などの小物にいたるまで、新郎新婦側で用意しなければなりません。もちろん、ヘアメイクもです。また、神社では介添えもほとんど行っていません。当日、撮影を行うカメラも自分たちで依頼する必要があります。

ただし、神社によっては衣装や和装小物、介添えサービス、さらには披露宴なども含む挙式プランを提供しているところも増えています。例えば結婚式場を併設している神社は、おおよそが披露宴まで含む独自のプランを各種持っています。また、地元のホテルや結婚式場、美容室、呉服店、写真室などの指定業者と提携して、挙式プランを提供している神社もあります。いずれも指定の業者や施設以外は利用できなかったり、別途料金が必要となるケースが多いようです。

手頃なプランで満足のいく和婚

一方、神社の挙式プランは高めのものが多く、披露宴まで行うと100万円以上になるものも少なくありません。挙式だけのプランも20万円前後からで、これに初穂料がプラスされる神社もあります。一部神社で利用できる挙式プランが高いのは、このような仕組みによるものです。

そこでおすすめなのが、手頃な料金で和婚を挙げることができる、ブライダルサロン、ブライダルプロデュース会社が提供する各種プラン。衣装や和装小物、介添えサービスまで含み、5万円前後(初穂料は別)からになっていますから、少ない費用でシンプルな和婚を希望するカップルには、心強いといえるでしょう。理想とかけられる予算に合わせて、神社を選ぶのもおすすめです。

>>【保存版】全国の人気神社&おすすめ和婚プランなび<<

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ