人気神社の和婚・神前式なび » 和婚のきほん・神前式の流れまるわかり

和婚のきほん・神前式の流れまるわかり

このカテゴリでは、改めて注目される和婚の基礎知識や費用、神前式の流れなどについて解説します。和婚に興味がある、また検討しているという人は、ぜひチェックしてみてください。

神前式の基本的な流れ

「神前結婚式」ときくと、「なにやらややこしいしきたりがあるのでは?」と思われる人も少なくないでしょう。確かに教会式に比較すると、決まりごとは多いかもしれません。そこではじめに、神前結婚式の一般的な式次第、手順を簡単に説明していきます。

式次第 内容
01.参殿
(入場)
係員または巫女の先導で、新郎新婦、媒酌人夫妻、親族の順に入場。親族は新郎新婦との関係が近い順から上座寄りに着席します。
02.修祓の儀 新郎新婦、参列者など全員が揃ったところで、神職(斎主ともいう)が入場し、係員が式の始まりを告げます。次に全員が起立し、神職(斎主)による修祓(お清めのこと)のお祓いを受けます。
03.祝詞奏上 全員起立。神職(斎主)が結婚を神に報告し、結婚を祝う祝詞を奏上します。
04.三献の儀
(三三九度)
起立した新郎新婦に、巫女が大中小の3つの盃とお神酒を持って来ます。巫女が注いだお神酒を、次のような順で飲んでいきます。
・「小の盃(一献め)」→新郎が受け飲み、新婦に渡して新婦が飲む。
・「中の盃(ニ献め)」→新婦が受けて飲み、新郎に渡して新郎が飲む。
・「大の盃(三献め)」→新郎が受けてお神酒を飲み、これを新婦に渡し、新婦が飲む。
なお、お神酒を飲む際は3回盃を傾けますが、最初の2回は口をつけるだけ。3回目に飲み干すのが決まりです。なお、お酒が飲めない人、弱い人は神社に伝えておくことがおすすめ。中身を水にしてくれる、また飲む真似だけですませることができます。
05.神楽奉納 これは神社によって行わない場合もあります。また、神社によって神楽を行うタイミングは様ざまです(たとえば「指輪交換」「玉串奉奠」の後に行われることもある)。
06.誓詞奏上 新郎新婦は神前に歩み出て、巻き紙に書かれた「誓詞(誓いの言葉)」を読みあげます。二人が神前に進み出て、新郎が誓詞を読み上げ、今日の日付と姓名を述べます。その後、新婦が自分の名前を加えます。誓詞は巻き直して神前に献上(玉串案の上に置く)。 新郎新婦が二礼二拍手一礼をします。
07.指輪交換 巫女が持ってきた指輪を新郎が受け取り、新婦の左手薬指にはめます。新婦も同じように新郎の左手薬指に通します(本来の神事にはない儀式ですが、近年の神前結婚式では行われる場合が多い)。
08.玉串奉奠 巫女が運んできた玉串を新郎新婦が受け取り、神前に進みます。これを玉串案に供え、一歩下がってから二人揃って二礼二拍手一礼を行います。新郎新婦に続き、媒酌人、親族代表(親族一同の場合も)の順で玉串をお供えしていきます。
09.親族かための杯 「親族盃の儀」ともいわれます。親族は起立し、巫女が注いだお神酒で親族かための杯をあげます。三献の儀(三三九度)同様、巫女の指示に従い、三口に分けて飲み干します。
10.斎主一拝 全員が起立。神職(斎主)が神棚に向かって一拝しますから、それに合わせて全員で一拝します。
11.退場 式終了の祝詞を上げた後、神職(斎主)が退場。これに続き、一同も退場をします。参列者も入場と同じ順に退場しますが、順序は会場によって変わりますから、巫女や係員の指示に従うようにします。

基本的な式次第と手順は以上です。

そもそも神前式とは?

神前式とは、まさに言葉通り、神前に二人の結婚を奉告し、感謝を伝えるとともに、これからのご加護を祈る儀式のこと。特に神社で行われる神前式は、格式高い儀礼の数々があり、日本ならではの伝統美を感じさせてくれます。最近では白無垢に憧れる花嫁も多く、神前式を選ぶカップルが増えているようです。

神前式の歴史

実のところ、今のような神前結婚式は、明治末期になってから普及し始めました。というのも、神社関係者、上流階級層は別として、庶民の間で結婚式といえば、自宅で行うことが当たり前だったからです。「神前結婚式」が注目されるようになったのは、1900年(明治33年)5月10日、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)と九条節子(貞明皇后)の結婚の儀がきっかけ。正装した男女が宮中三殿に拝礼し、神の前で夫婦の誓いを立てる神前形式の挙式が反響を呼び、一般庶民からも「神前での挙式」を望む人が増えたからです。

そのような背景から、神宮奉斎会(現在の東京大神宮)が結婚の儀を模した「神前式」の儀式を新たに創設。西洋化、文明開化を掲げる明治の風潮も手伝って、これは国民の間に定着していったのです。

神前式がしたいカップル増加中

どんな結婚式がしたいか聞いたアンケートによると、神前式をしたいと感じている人が2009年では12%だったのに対し、2014年には21%までアップしたという結果が出ています。この結果から、神前式の認知度と支持率は確実に増えているといえます。どうしてこのように人気度がアップしたのでしょうか?

神前式の魅力

注目されている神前式の魅力について、以下の通りポイントをまとめて見ました。

●神聖な雰囲気で挙式できる

神前式の儀式には、ひとつひとつに深い意味があります。雅楽の音色に彩られながら、これらの手順を進めていく中で、凛とした精々しさと神聖さを感じることができます。

●白無垢を着ることができる

日本人ならではの、真っ白な着物に赤紅をさした姿はとても絵になります。白は、古来から純潔や無垢を表し、花嫁衣裳にふさわしい色とされているそう。特に近年、そんな白無垢に憧れる新婦が増えています。
白無垢に憧れる女性の増加はアンケートでも具体的な数値として現れており、約50%の女性が着物を着たいと回答しています。さらに、近々結婚予定の女性だけに絞った場合の結果は約65%です。

●夫婦の絆が深まる

神前式は、新郎が誓いの言葉を読み上げる「誓詞奉上」をはじめ、新郎新婦2人で行っていく儀式も多くあります。2人で儀式に取り組む過程で、絆は一層強く深いものになります。

●新郎の活躍を見られる

和婚で行われる誓詞奏上という儀式では、新郎が結婚に対する誓いの言葉を神前で述べます。そのため、新郎が活躍する姿が見たい、頼もしい様子が見たいと考える人に人気があります。

妊娠中でも神前式は可能?

妊娠中はお腹が大きくなるため、衣装や行動が制限されて神前式ができないのではないかと心配に思うかもしれません。しかし、神前式などの和婚にはメリットも多く、妊娠中でも神前式を挙げる人は少なくありません。ここでは、和婚のメリットや安全に行うためのポイントについてご紹介します。

和婚のメリット

体型に左右されない

ドレスの場合は形が固定されているため、ドレスに合った体型でないと不格好になります。しかし、妊娠中の場合は数ヶ月で体型が大きく変わるため、体型に合った好みのドレスを探すのが難しいです。それに対して和婚の衣装である着物なら帯でサイズ調整ができるため、体型を問わず着こなすことができます。そのため、妊娠中でも幅広い衣装から選ぶことが可能です。

お腹が目立たない

ドレスの場合は体のラインに沿ったデザインが多いため、妊娠中の体型も目立ちやすくなります。一方着物の場合はお腹回りに帯があるため目立ちにくいです。和婚の衣装の中でも白無垢や色打掛なら上から羽織る形状をしているため、より体型がカバーされます。

安全に行うポイント

苦しくない着付けをする

事前に妊娠中であることを伝えておくと、お腹に負担がかからないよう工夫して着付けを行ってもらえます。工夫の仕方は妊娠前期か妊娠後期かによって異なり、妊娠前期の場合はつわりを考慮して胸回りを締め付けないよう調節します。妊娠後期になるとお腹が大きくなるため、お腹と胸の隙間を補正し、着崩れを防ぎます。

衣装を軽くする

和婚の衣装は何枚も重ねて着るため重くなり、体が重い妊婦さんには負担がかかります。なるべく負担を減らすために打掛の素材をオーガンジーのものにするというように、軽い素材の衣装を選びましょう。その他、和服に合うようなカツラを被ることも多いのですが、カツラは被らず洋髪にすることで負担が少なくなります。

簡易掛下を利用する

白無垢の下に着用する掛下を、簡易掛下にすることで妊婦さんの負担を軽くすることができます。簡易掛下というのは通常の掛下よりも枚数が少ないもので、腰紐の締め付けが軽減されます。また、帯の部分はマジックテープ式になっているため、お腹への負担も少ないです。

妊娠中であっても着付けの仕方を工夫することで安全に神前式を行うことができます。体調や体型に合わせて着付けを行う必要があるので、着付けをしてもらう方に相談しておきましょう。

緊張感が永遠の思い出となる

神前式を行った人の中には、何年経っても式のことがしっかり記憶に残っているという人も少なくありません。結婚は家同士の結びつきだという考えから家族中心で行われる神前式ですが、教会式よりも夫婦2人で行う儀式が多いです。2人に注目が集まるシーンも多く緊張する分、思い出に残りやすくなります。その他、神前式は神社で行うため、家族の行事で何度も訪れて結婚式を思い出すことができます。

魅力が多く、何年経っても記憶に残りやすい神前式。一生に一度の結婚式を特別な演出で彩りたい、記憶に焼き付けたいと考えるなら、神前式がおすすめです。

>>公開!全国の人気神社とおすすめ和婚プラン厳選ガイド<<

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ