人気神社の和婚・神前式なび » 和婚のきほん・神前式の流れまるわかり

和婚のきほん・神前式の流れまるわかり

このカテゴリでは、改めて注目される和婚の基礎知識や費用、神前式の流れなどについて解説します。和婚に興味がある、また検討しているという人は、ぜひチェックしてみてください。

神前式の基本的な流れ

「神前結婚式」ときくと、「なにやらややこしいしきたりがあるのでは?」と思われる人も少なくないでしょう。確かに教会式に比較すると、決まりごとは多いかもしれません。そこではじめに、神前結婚式の一般的な式次第、手順を簡単に説明していきます。

式次第 内容
01.参殿
(入場)
係員または巫女の先導で、新郎新婦、媒酌人夫妻、親族の順に入場。親族は新郎新婦との関係が近い順から上座寄りに着席します。
02.修祓の儀 新郎新婦、参列者など全員が揃ったところで、神職(斎主ともいう)が入場し、係員が式の始まりを告げます。次に全員が起立し、神職(斎主)による修祓(お清めのこと)のお祓いを受けます。
03.祝詞奏上 全員起立。神職(斎主)が結婚を神に報告し、結婚を祝う祝詞を奏上します。
04.三献の儀
(三三九度)
起立した新郎新婦に、巫女が大中小の3つの盃とお神酒を持って来ます。巫女が注いだお神酒を、次のような順で飲んでいきます。
・「小の盃(一献め)」→新郎が受け飲み、新婦に渡して新婦が飲む。
・「中の盃(ニ献め)」→新婦が受けて飲み、新郎に渡して新郎が飲む。
・「大の盃(三献め)」→新郎が受けてお神酒を飲み、これを新婦に渡し、新婦が飲む。
なお、お神酒を飲む際は3回盃を傾けますが、最初の2回は口をつけるだけ。3回目に飲み干すのが決まりです。なお、お酒が飲めない人、弱い人は神社に伝えておくことがおすすめ。中身を水にしてくれる、また飲む真似だけですませることができます。
05.神楽奉納 これは神社によって行わない場合もあります。また、神社によって神楽を行うタイミングは様ざまです(たとえば「指輪交換」「玉串奉奠」の後に行われることもある)。
06.誓詞奏上 新郎新婦は神前に歩み出て、巻き紙に書かれた「誓詞(誓いの言葉)」を読みあげます。二人が神前に進み出て、新郎が誓詞を読み上げ、今日の日付と姓名を述べます。その後、新婦が自分の名前を加えます。誓詞は巻き直して神前に献上(玉串案の上に置く)。 新郎新婦が二礼二拍手一礼をします。
07.指輪交換 巫女が持ってきた指輪を新郎が受け取り、新婦の左手薬指にはめます。新婦も同じように新郎の左手薬指に通します(本来の神事にはない儀式ですが、近年の神前結婚式では行われる場合が多い)。
08.玉串奉奠 巫女が運んできた玉串を新郎新婦が受け取り、神前に進みます。これを玉串案に供え、一歩下がってから二人揃って二礼二拍手一礼を行います。新郎新婦に続き、媒酌人、親族代表(親族一同の場合も)の順で玉串をお供えしていきます。
09.親族かための杯 「親族盃の儀」ともいわれます。親族は起立し、巫女が注いだお神酒で親族かための杯をあげます。三献の儀(三三九度)同様、巫女の指示に従い、三口に分けて飲み干します。
10.斎主一拝 全員が起立。神職(斎主)が神棚に向かって一拝しますから、それに合わせて全員で一拝します。
11.退場 式終了の祝詞を上げた後、神職(斎主)が退場。これに続き、一同も退場をします。参列者も入場と同じ順に退場しますが、順序は会場によって変わりますから、巫女や係員の指示に従うようにします。

基本的な式次第と手順は以上です。

そもそも神前式とは?

神前式とは、まさに言葉通り、神前に二人の結婚を奉告し、感謝を伝えるとともに、これからのご加護を祈る儀式のこと。特に神社で行われる神前式は、格式高い儀礼の数々があり、日本ならではの伝統美を感じさせてくれます。最近では白無垢に憧れる花嫁も多く、神前式を選ぶカップルが増えているようです。

神前式の歴史

実のところ、今のような神前結婚式は、明治末期になってから普及し始めました。というのも、神社関係者、上流階級層は別として、庶民の間で結婚式といえば、自宅で行うことが当たり前だったからです。「神前結婚式」が注目されるようになったのは、1900年(明治33年)5月10日、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)と九条節子(貞明皇后)の結婚の儀がきっかけ。正装した男女が宮中三殿に拝礼し、神の前で夫婦の誓いを立てる神前形式の挙式が反響を呼び、一般庶民からも「神前での挙式」を望む人が増えたからです。

そのような背景から、神宮奉斎会(現在の東京大神宮)が結婚の儀を模した「神前式」の儀式を新たに創設。西洋化、文明開化を掲げる明治の風潮も手伝って、これは国民の間に定着していったのです。

神前式の魅力

注目されている神前式の魅力について、以下の通りポイントをまとめて見ました。

●神聖な雰囲気で挙式できる

神前式の儀式には、ひとつひとつに深い意味があります。雅楽の音色に彩られながら、これらの手順を進めていく中で、凛とした精々しさと神聖さを感じることができます。

●白無垢を着ることができる

日本人ならではの、真っ白な着物に赤紅をさした姿はとても絵になります。白は、古来から純潔や無垢を表し、花嫁衣裳にふさわしい色とされているそう。特に近年、そんな白無垢に憧れる新婦が増えています。

●夫婦の絆が深まる

神前式は、新郎が誓いの言葉を読み上げる「誓詞奉上」をはじめ、新郎新婦2人で行っていく儀式も多くあります。2人で儀式に取り組む過程で、絆は一層強く深いものになります。

>>公開!全国の人気神社とおすすめ和婚プラン厳選ガイド<<

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ