人気神社の和婚・神前式なび » 知っておけば役に立つ!和婚あれこれ » 神前式を深く知ろう!~意味を知ると和婚の魅力が深まる~

神前式を深く知ろう!~意味を知ると和婚の魅力が深まる~

儀式を理解して充実した神前式を挙げましょう

和婚を行いたいと考えるなら、事前に儀式の意味をよく理解しておくことが大切です。そうすることで式の重みも増し、より充実した挙式が行えるようになります。ここでは、和婚の中でも特に神前式で行われる儀式の由来や意味などについてご紹介します。

三献の儀(三三九度)の由来

神前式で行われる三献の儀という儀式は三三九度とも呼ばれており、新郎新婦が盃を交わすことで契りを結ぶという意味が込められています。

三献の儀の由来は、宮中のお祝いの席で用意された盃三献だと言われています。盃三献では「熨斗鮑(のしあわび)」「搗栗(かちぐり)」「昆布」というように一献ごとに酒の肴を変えていました。これらはそれぞれ「のし(打ち)」「勝ち」「喜ぶ」という縁起が担がれています。

また、この儀式は室町時代の武家も勝鬨を上げるときなどに行っていたようです。それが江戸時代には庶民にも広がり、現在では神前式で欠かせない儀式になっています。古くから祝いの席で行われてきた儀式が、形を変えて現代でも受け継がれているのです。

小中大の杯の大きさが表すもの

三献の儀で用いられる盃は大中小3つの種類があります。それぞれに込められた意味を見ていきましょう。

①小の盃

過去を表しており、新郎新婦が巡り会えたことを先祖に感謝する意味があります。

②中の盃

現在を表しており、2人が末永く一緒に生きていくことを意味しています。

③大の盃

未来を表しており、両家の安泰や子孫繁栄を願うという意味が込められています。

上記の説の他、それぞれの盃には天・地・人の意味が込められているという説もあります。このように奥深い意味が込められた盃は、神前式の儀式をより神聖で趣深いものにしてくれます。

神前式において大切な初穂と玉串

神前式では初穂料や玉串料というものを神社へ渡します。ここでは、初穂と玉串はそれぞれどんなものなのかご説明します。

初穂

初穂というのはその年初めて収穫された稲や穀物などのことで、昔はそれを神様へ捧げていました。現在ではそれの代わりとして、初穂料と呼ばれる金銭を納めています。

初穂料は神社への感謝を込めて渡すもので、様々なシーンで用いられます。和婚、七五三、祈祷、厄祓いなどの儀式の他、お守りやお札を授かるお礼として渡すこともあります。ただし、初穂料には感謝という意味が込められているため、葬儀には不向きです。

玉串

玉串というのは榊の枝に紙垂を付けたもののことで、神様へ参拝者や神職が捧げます。玉串料というのはこの玉串の代わりに納める金銭のことです。

玉串料も初穂料同様、和婚、七五三、祈祷、厄祓いなど様々なシーンで使用されます。初穂料とは異なり、葬儀に使用することも可能です。しかし、お守りやお札のお礼に玉串料を渡すことは少なく、その場合は初穂料を渡します。

このように初穂料と玉串料は意味や使用できるシーンが異なりますが、どちらも神前式で用いることが可能です。神前式を挙げる際は謝礼として初穂料や玉串料を納めてください。

神社へ謝礼~のし袋の書き方~

初穂料や玉串料は通常のし袋に入れて渡します。ここでは、のし袋の書き方をご紹介します。

袋の種類

赤と白の水引で、結び切りのものを選んでください。結び切りは一度結んだら解けないことから、結婚式などの繰り返し起こってほしくない事柄に対して使われます。蝶結びは何度も結び直すことができるため、結婚式には不向きです。

白封筒を用いても構いません。また、袋の右上にある「のし」がなくても大丈夫です。

表書き

袋の上段に、「御初穂料」「御玉串料」「御礼」などと記載してください。

氏名

袋の下段に新郎新婦両家の性を2列で書きます。一般的には右側が新郎、左側が新婦です。

初穂料をお守りの謝礼として渡すときには裸のまま渡すこともありますが、神前式の謝礼として渡す場合はマナーを守ってのし袋を用意しましょう。

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ