人気神社の和婚・神前式なび » 知っておけば役に立つ!和婚あれこれ » 個性を出す事もできる!和婚の髪型は豊富

個性を出す事もできる!和婚の髪型は豊富

和婚にぴったりの髪型は?

和婚時の和装を着用する時に、髪型に悩む方がとても多いようです。ここでは、和婚時の髪型について説明していきたいと思います。

和婚時の髪型

男性

男性も和婚時には、髪型に気を遣うようにしましょう。特に決まりはありませんが、黒髪が最適です。長髪の方はきちんと髪を結い、だらしない印象を与えないようにしましょう。前髪を上げるスタイルや、短髪の方でもワックスで動きを出しまとめると、爽やかで好印象です。 新郎のヘアセットは見落とされがちですので、しっかりプランに含まれていることを、確認しておく必要があります。

女性

●文金高島田(ぶんきんたかしまだ)

婚礼の時に根本を高くして結いあげる格調の高い日本髪です。現在では、かつらを着用することによって、簡単に文金高島田の髪型にすることができます。本格的な和婚を目指すなら、文金高島田で決まりです。

●洋髪

文金高島田のように、髪を結いあげるスタイルに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。顔の大きさや、黒髪が似合わないと悩まれている方は、洋髪にしてみるのもおすすめです。最近では洋髪で和婚をする方も多くなってきています。地毛で好きなスタイルに仕上げることができ、自分の顔に合ったヘアスタイルができます。洋髪は生花やリボンなどの飾りも似合うので、今時っぽさを出したい方にはおすすめです。

場所によって変える

挙式の時

挙式時に着用するものは、一般的に多く見られるのは綿帽子、または角隠しです。

●綿帽子

白無垢時に着用したいのは、やっぱり綿帽子です。白無垢時のみにしか着用することができません。挙式が終わるまで新郎以外の方に、顔を見られないようにという意味合いもあるそうです。全体を大きくまとっているため、小顔効果も抜群です。純白な白無垢に綿帽子を着用することで、奥ゆかしさがあり、どこか神秘的な印象もうけます。 最近では、綿帽子にも種類が増えてきました。ベールのように薄い素材や、刺繍入り、絹で作られたもの等、様々な種類があります。 洋髪でも綿帽子を合わせたい方は、レースの素材を取り入れたものや、ピンクの色の洋髪用綿帽子もあります。

●角隠し

白無垢や色打掛時に着用できます。文金高島田のまげの上から覆うように巻く布です。嫁ぐ女性の怒りや嫉妬心の象徴となる、角を隠すという意味合いがあり、従順になるようにという意味合いがあります。綿帽子とは違い、どこかキリッとした印象があり、髪飾りや髪型も見えるため飾りによって印象が変わります。 刺繍入りのものや、和紙で作られた個性的なものもあります。

披露宴の時

挙式時と披露宴では、少しイメージを変えたいけど、和婚の時はどうしたらいいの?と思われる方はこちらを参考にしてみて下さい。

●かんざし

日本髪の時にピッタリのかんざしは様々な種類がありますね。格式が高いのは、べっ甲の髪飾りです。白無垢着用の時に使用されています。また、花かんざしは、色打掛の時に使用すると華やかな印象になります。打ち掛けによって、かんざしの色を変えることで雰囲気を変えることができます。和細工をたくさん使用したカラフルなかんざしもあるので、披露宴時には思い切って雰囲気を変えてみるのもおすすめです。

●生花

生花は洋髪の時に選ぶ人が多いようです。花をつけることによって、一層華やいだ雰囲気になります。花によって、印象はだいぶ変わりますので髪色に合わせて着用するといいでしょう。また、花だけでは物足りないと思われる方は、リボンや和細工のパーツと一緒になった髪飾りもあります。髪飾りによって、モダンな印象や可愛らしさを感じるのでどのような和装にもピッタリです。

●リボン

リボンはどこか可愛らしさがありますが、布の素材によって大人らしい雰囲気を作ることができます。白やアイボリーをベースに和の柄が入ったリボンは大きめでもどこか落ち着いた印象もあります。デザインも豊富で、平和の象徴の折り鶴をパーツにつけたり、水引で蝶々をモチーフにしたりと様々です。

●ボンネット

ボンネットは洋装の時につけるイメージですが、最近では和柄も出てきています。装飾に水引や和紐も使用されているので、和装時に着用しても違和感がありません。ワイヤーで着用するタイプなので、自分の頭にしっかりフィットします。

まとめ

このように、和婚でも髪型や髪飾りにこだわることによって、和装でも楽しむことができます。ネットやHPで、和装専用の髪飾りを専門としたショップもあるので、お気に入りの髪飾りを見つけてみるのもおすすめですよ。

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ