人気神社の和婚・神前式なび » 知っておけば役に立つ!和婚あれこれ » 自分好みの衣装で和婚を挙げる~引き振袖でおしゃれを楽しむ~

自分好みの衣装で和婚を挙げる~引き振袖でおしゃれを楽しむ~

和婚の衣装は白無垢だけじゃない!

和婚と言うと白無垢の印象が強く、花嫁衣装で白無垢を選ぶ人は多いです。しかし、白無垢以外にも様々な着物を衣装に選ぶことができます。ここでは、和婚の衣装の一つである引き振袖について考えていきましょう。

引き振袖ってどんな着物?

着物に馴染みがない人の場合、そもそも引き振袖がどんなものか知らないということも少なくありません。引き振袖というのは和婚で用いられる花嫁衣装の一つです。

通常振袖の着付けをする場合はおはしょりという部分を作り布を着丈に合わせて調節しますが、引き振袖ではこれを行わずそのまま裾を引いて着るという特徴があります。裾を引きずって着ることから引き振袖という名前が付けられました。

引き振袖はもともと江戸時代の武家の娘が婚礼衣装として着た正式な和装です。未婚女性の第一礼装で最も格式が高く、花嫁だけが着ることを許されています。格式高い引き振袖は、厳かな雰囲気の和婚にぴったりの衣装です。

レトロ可愛い引き振袖の魅力

引き振袖が他の衣装と違うのはおはしょりをしないということだけではありません。引き振袖にはどんな魅力があるのか、詳しく見ていきましょう。

色や柄の幅が豊富

色打掛もカラフルで様々な柄が用意されていますが、引き振袖はそれ以上に幅広いデザインが用意されています。白無垢や色打掛でなかなか自分に合うデザインのものが見つからないという人でも、引き振袖なら種類が豊富なためお気に入りの衣装が見つけやすいです。

帯や小物とのコーディネートが自由

白無垢や色打掛の場合、帯が隠れるデザインをしていますが、引き振袖では帯が目立つためコーディネートを楽しむことができます。帯の柄や結び方、彩る小物を好きに選べるため自由度が高いです。

動きやすい

動きやすさは引き振袖の大きな魅力の一つです。白無垢や色打掛に比べて軽いため、披露宴でも自由に動き回ることができます。また、前撮りを行う場合もポーズを自由に取ることができますし、少し離れたロケ地へも行きやすいです。

色打掛とのコーディネートを楽しめる

引き振袖は単体でも魅力的ですが、色打掛を上から羽織ることでまた違った表情を楽しむことができます。羽織るだけで印象をガラッと変えることができるため、お色直しで利用する人も多いです。

振袖をリメイクして作れる

振袖の裾や袖口に綿を入れ、内側に白い生地を縫い付けることで引き振袖にリメイクすることができます。そのため、思い入れのある振袖を花嫁衣装として着ることが可能です。

引き振袖はコーディネートが自由なので、型にはまらず好みの花嫁衣装を楽しむことができますよ。なかなか好みの衣装が見つからない、自分好みの衣装が着たいと考えるなら、引き振袖がぴったりです。

引き振袖を着た感想

魅力の多い引き振袖ですが、花嫁衣装として利用するとどうなるのか、実際に着用した人々の声に耳を傾けてみましょう。

ゲストから歓声が沸きました

私がゲストとして結婚式に参加するときは、花嫁衣装を見るのがとても楽しみでした。特に和装を見るのが好きで、結婚式は絶対和婚にしようと決めていました。私の結婚式では引き振袖を着たのですが、鮮やかなデザインが好評で、ゲストから歓声が沸いたときはとても嬉しかったです。

メリハリのある式になりました

和装と洋装の両方を楽しみたかったので、和婚の人前式では引き振袖を着て、披露宴でドレスを着ました。引き振袖はモダンなデザインを選んで髪型も洋装スタイルにしていたので、お色直しも楽でした。手間はあまりかからないのに2つの衣装で印象が大きく変わっていて、記念写真にもメリハリがあります。

引き振袖人気のカラー黒は花嫁衣装に大丈夫?

和婚の花嫁衣装は白無垢だという印象が強い人からすると、黒い着物は花嫁衣装に向いていないのではないか、地味ではないかと心配になるかもしれません。しかし、黒い衣装には縁起の良い意味が込められており、和婚で利用する人も多いです。

白無垢で馴染み深い白の花嫁衣装には「あなたの色に染まる」という意味が込められています。一方、黒の花嫁衣装の場合は「既にあなた色に染まっていて、他の色には染まりません」という意味があるのです。

このように純潔の証として用いられる黒い花嫁衣裳ですが、引き振袖にも多く展開されています。引き振袖なら華やかな柄のものも多く、地味な印象を与えることもありません。

美しく見せるポイント

引き振袖はコーディネートが自由な分、どんなデザインのものを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。ここでは、美しく見せるためのポイントについてご紹介します。

体型から柄を考える

引き振袖には様々な柄の生地があり好みによって選ぶことができますが、実際に着たときの印象も考えて選ぶ必要があります。身長が高い人や大柄な人が着ると生地が見える面積も増えるため、大きめの柄を選ぶとバランスが良いです。一方、身長が低い人や小柄な人だと見える生地の面積が少なくなるため、小さめの柄を選ぶようにしましょう。

目立つ部分の柄をチェックする

全体的な生地のデザインを見て選ぶことも大切ですが、目立つ部分にどんな柄があるのか確認することも忘れてはいけません。着物の形状によって目立つ部分というのは異なり、色打掛では帯に当たって膨らむ背中部分が目立ちますが、引き振袖の場合は袖の外側が一番目立つ部分です。引き振袖を着るなら、袖の外側がどんなデザインになっているか確認してください。

このように、引き振袖のデザインを選ぶときには、実際に着たときどんな印象になるのか考える必要があります。選ぶときには試着して確認するようにしましょう。

引き振袖を着る際の注意点

引き振袖のデザインは基本的に好みに合わせて自由に選ぶことができますが、注意点もあります。それは、季節感のない柄は避けるということです。引き振袖の柄には植物がモチーフになったものも多いのですが、紅葉なら秋、というようにモチーフごとで決められた季節というものがあります。和婚の衣装を選ぶときには、式の日取りがいつなのか考え、その季節に合った柄を選んでください。

しかし、中には例外もあり、桜や梅はめでたい柄として季節を問わず着用することができます。どんなモチーフが良いのか分からないという場合はコーディネーターさんに相談しましょう。

引き振袖では、着物のデザインに合わせて、帯、帯揚げ、帯締め、髪型、ブーケなどのコーディネートを楽しむことができます。注意点を守り、自分好みの引き振袖を選んで素敵な和婚を挙げてください。

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ