人気神社の和婚・神前式なび » 福岡で和婚・神前式ができる人気神社♡ » 福岡のその他の神社

福岡のその他の神社

福岡にある主な神社で挙げられる結婚式の特徴やおすすめポイント、挙式プランの費用や概要などをまとめて紹介します。

>>【福岡版】人気神社の和婚プラン比較まとめはこちら<<

筥崎宮

御祭神は「応神天皇(八幡大神)」「神功皇后」「玉依姫命」。厄払い、必勝祈願で知られ、宇佐、石清水両宮とともに「日本三大八幡宮」に数えられています。諸説あり断定することは困難ですが、古い記録によれば、創建の時期は平安中期の延喜21年(921)、醍醐天皇がこの地に壮麗な御社殿を建立、延長元年(923)筑前大分宮(穂波宮)より遷座したとされています。鎌倉中期、元寇のおり、神風が吹き、困難に打ち勝ったことから、厄除・勝運の神としても有名です。境内に挙式会場、披露宴会場、支度室が隣接しているため、福岡で唯一、神社結婚式をワンストップサービスで行う「筥崎宮ウェディング」提供しています。

筥崎宮で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県福岡市博多区住吉3-1-51
アクセス 福岡市営地下鉄「箱崎宮前駅」徒歩3分、JR鹿児島本線「箱崎駅」徒歩8分
初穂料 50,000円

住吉神社

ご祭神は「住吉三神(底筒男神、中筒男神、表筒男神)」。創建1800年の歴史を誇り、全国2000社以上ある住吉神社の最初の神社。神功皇后の三韓征伐の際、底筒之男令・表筒之男令の守護で無事達成できたことから、「渡航安全の神」と崇められています。挙式は「儀式殿結婚式」、または国の重要文化財でもある「御本殿」にて行われます。

住吉神社で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県福岡市博多区住吉3-1-51
アクセス JR博多駅・地下鉄「博多駅」徒歩約10分
初穂料 50,000円

紅葉八幡宮

主祭神は神功皇后、応神天皇(八幡の大神)、菟道稚郎子命。文明十四年(室町時代)、筑前の国橋本村に創建。江戸時代に、福岡藩三代藩主・黒田光之侯により、西新の地(百道松原)に遷宮され、以後は歴代藩主、福岡藩・黒田家の守護神として信仰を集めました。明治時代になり、町々が一望できる現在の地に遷座されています。社領3万2千坪に荘厳なる社殿を有し、「東の筥崎、南の大宰府・西の紅葉と並び称されています。

紅葉八幡宮で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県福岡市早良区高取1-26-55
アクセス 福岡市地下鉄空港線「藤崎駅」徒歩5分
初穂料 50,000円

竈門神社

主祭神は玉依姫命。社伝によると、天智天皇の時代(668年-672年)、大宰府が現在地に遷された際、鬼門(東北)に位置する宝満山に大宰府鎮護のため八百万の神々を祀ったのが始まりだと伝えられています。また天武天皇2年(673年)、心蓮上人が修行していると玉依姫命が現れたので、朝廷に奏聞し、山頂に上宮が建てられたそうです。

竈門神社で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県太宰府市内山883
アクセス 西鉄「太宰府駅」よりタクシー
初穂料 100,000円

鳥飼八幡宮

御祭神は「応神天皇」「神功皇后」「玉依姫尊」。神功皇后が新羅より凱旋した際、立ち寄った鳥飼村平山から歓迎を受けました。これに喜んだ皇后は、皇子(後の応神天皇)の将来を御祝いし、この地にお泊りになったそうです。後に村長になった者が神功皇后ゆかりの地に御社を建てて、「若八幡」と名付けて祀ったのがこの宮の発祥だと伝えられています。ご神徳は、男女の良き縁を結ぶと信じられ、遠方からの参拝者も少なくありません。

鳥飼八幡宮で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県福岡市中央区今川2丁目1-17
アクセス 福岡市営地下鉄空港線「西新駅」徒歩約5分
初穂料 30,000円

宇美八幡宮

ご祭神は「應神天皇」「神功皇后」「玉依姫命」「住吉大神」「伊弉諾尊」。三韓征伐より帰還した神功皇后が、槐の木の枝に取りすがって、應神天皇を安産にて出産した地は「宇瀰」、その後、「宇美」と称されました。産舎の四辺に八つの幡を立て、兵士に守らせたという話が、「後世八幡大神と称するは此故なり」とも伝えられています。八幡大神御降誕の聖地として、敏達天皇の時代(570年頃)に創建。「安産育児」の信仰が篤く、多くの参拝者が「安産祈願」や「安産の御礼」に足を運んでいます。

宇美八幡宮で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県糟屋郡宇美町宇美1-1-1
アクセス JR「宇美駅」徒歩5分
初穂料 50,000円

筑前国飯盛神社

御祭神は「伊弉冉尊」「五十猛尊」「玉依毘賣命」「品陀和気命」。創建は貞観元年(859年)。清和天皇が勅使和気清友に飯盛山上・中・下宮、神宮寺を再建させ、年中26度の神事祭礼を厳重に行うよう命じられたのが神社の始まりです。真東にはイザナギが鎮座する若杉山(篠栗町)、真西にはイザナミが鎮座する飯盛山(福岡市西区)をいただき、良縁に恵まれるとされています。

筑前国飯盛神社で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県福岡市西区大字飯盛609
アクセス 西鉄バス「飯盛」より徒歩5分
初穂料 50,000円

春日神社

中大兄皇子(後の天智天皇)が長津の宮(現在の高宮)に居られる時、春日の地に天児屋根命を祀られたことに由来。神護景雲二年(768年)。春日の地に藤原家の祖神である天児屋根命が祀られていることを知った藤原田麿が、故郷である大和の国(現在の奈良)の春日大社から、武甕槌命、経津主命、姫大神を迎え、神社を創建したのが始まり。「春日の婿押し」と呼ばれる、全国的にも珍しく貴重な民俗行事(国指定の重要無形民俗文化財)を行っている神社。

春日神社で挙げる結婚式のポイント

所在地 福岡県春日市春日1-110
アクセス JR「大野城駅」徒歩15分
初穂料 50,000円

>>福岡にある人気神社で和婚ができる挙式プランを一覧で見る<<

このサイトは、管理人個人がインターネットや雑誌などで集めた情報をもとにつくられています(2016年3月現在)。
挙式プランの内容や費用は、必ず公式サイトで確認するようにしてください。
和婚のきほん・神前式の流れまるわかり ▶ サイトマップ